PR

 米Appleは間もなく発表すると見られる新モデルの「iPad」タブレット端末の画像を誤って「iTunes Store」に掲載した。新モデルが指紋認証機能「Touch ID」を搭載するのは間違いないようだ。Apple関連の情報サイト「9to5Mac」が最初に画像に気づき、続いて複数の米メディア(The VergeArs TechnicaWall Street Journal/TechCrunchなど)が報じた。

 Appleは現地時間2014年10月16日に本社内の「Town Hall Auditorium」で製品発表イベントを開催する。同イベントでは、9.7インチiPadの第6世代モデルと7.9インチ「iPad mini」の第3世代モデルの登場が期待されている(関連記事:Appleが10月16日イベント開催、新iPadや新iMacを発表か)。

 9to5Macによると、iTunes Storeで公開されている「iBooks」用書籍コンテンツのiPadユーザーガイド「iPad User Guide For iOS 8」の説明ページに、「iPad User Guide For iOS 8.1」のデータが掲載された。新たな画像によって、新モデルの名称が「iPad Air 2」と「iPad mini 3」であり、両モデルがほぼ現行モデルのデザインを踏襲しつつ、「iPhone」のようにホームボタンにTouch IDを搭載していることが分かった。また新機能の説明文では、iPad Air 2が「iPhone 5s」以降のiPhoneに搭載されている連写機能「Burst Mode」を備えることが記載されている。

 なお、現時点でiTunes StoreのiPad User Guide For iOS 8は現行のiPadモデルの画像に戻っている。

 10月16日のイベントではiPad新モデルのほか、一体型パソコン「iMac」の「Retina」ディスプレイ搭載モデルの発表や、次期パソコンOS「OS X Yosemite」の正式リリースなどが予想されている。