PR
写真●「ソロエルアリーナ ごちクル」で手配できる弁当の例。六本木 イマカツの「名物ささみカツ弁当」(左)と梅丘 寿司の美登利総本店の「超特選 大穴子とにぎり盛り合わせ」
写真●「ソロエルアリーナ ごちクル」で手配できる弁当の例。六本木 イマカツの「名物ささみカツ弁当」(左)と梅丘 寿司の美登利総本店の「超特選 大穴子とにぎり盛り合わせ」
[画像のクリックで拡大表示]

 アスクルは2014年10月21日、3万社以上が利用する企業向け一括電子購買管理サービス「ソロエルアリーナ」で、弁当宅配サービスを開始する。「企業内での会議や研修、取引先とのランチミーティングなどで、さらには社内パーティーや会場を借りてのセミナーやイベントでの昼食の手配など、企業で弁当を手配するニーズに応えていきたい」と、アスクルの吉田仁取締役BtoBカンパニーCOO(最高執行責任者)は話す。

 サービスは、2014年7月に資本提携したスターフェスティバルとの協業で進める。スターフェスティバルは、2009年7月の設立以来、累計で600万人の顧客に弁当などを提供してきた弁当宅配サービス「ごちクル」を運営している。新サービスは、このごちクルとソロエルアリーナを連携させることで実現する。

 特徴は、有名店の料理を弁当で手配できること。広く知られる有名店には「梅丘 寿司の美登利総本店」や仙台発祥の「牛たん炭焼 利久」、「日本橋たいめいけん」、鶏ささみのカツで知られる「六本木 イマカツ」などが含まれる(写真)。適度な分量にしたり油分を極力控えたりして、食後の会議や打ち合わせに影響が及ばないよう配慮されている。

 「顧客企業に事前調査を実施したところ、弁当を手配する際の悩みには、近所で手配した弁当ばかりで飽きているというものが多かった。それに新サービスでは500ブランド4000種類の弁当を選べるようにして解消させる」と、アスクルの内海智之BtoBカンパニー東日本統括本部執行役員本部長は話す。

 手配できる弁当について、スターフェスティバルの濱野亜紀ごちクル主宰は「京料理たん熊北店、銀座うち山といったミシュランガイドの星付き料理店の味を、1食数千円という値段でオフィスにいながら楽しめるようにもしてある」と説明する。