PR
図●愛知県東海市役所のシステム移行の概要
図●愛知県東海市役所のシステム移行の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータ東海とネットワンシステムズは2014年10月20日、愛知県東海市役所に、税や福祉、財務などの業務を対象とした共通仮想基盤を構築・納入したと発表した()。仮想基盤は既に4月から稼働しており、順次システムの移行を進めている。運用コスト削減や消費電力量低減により、今後5年間で1億4000万円の経費削減効果を見込む。

 東海市役所は税・福祉関連のシステムを大型汎用機で運用し、財務・庶務関連のシステムは約50台の物理サーバーで稼働させていた。2014年度内の大型汎用機廃止を目指し、ITベンダーに提案を求めていた。

 その後、運用負荷の軽減や耐障害性で高い評価を得たNTTデータ東海とネットワンシステムズの提案が採用された。共通仮想基盤は、米VMwareの仮想化ソフト「vSphere」と米シスコシステムズのブレードサーバー「UCS Bシリーズ」、米EMCのストレージ「VNX」を組み合わせて構築した(関連記事:[ITpro EXPO 2014]シスコ、小規模なIT環境構築に適した「UCS Mini」を展示)。

 東海市は知多半島北部にあり、名古屋市に隣接する人口約11万3000人の都市。鉄鋼産業やトマトジュースなどの食品産業で知られる工業地帯を形成している。