PR

 米IBMと米Microsoftは現地時間2014年10月22日、企業向けクラウドコンピューティング分野における提携の締結を発表した。ハイブリッドクラウドの導入が急速に広がっていることを受け、より多様な選択肢の提供に向けて協力する。

 両社は提携のもと、Microsoftのクラウド基盤「Microsoft Azure」で仮想マシンを展開している企業が、IBMの「WebSphere Application Server Liberty」「WebSphere MQ」「DB2」などを利用できるようにする。

 一方、IBMのクラウドサービス「IBM Cloud」で、Microsoftの「Windows Server」「SQL Server」を利用可能にする。

 両社協力し、IBMのクラウド開発環境「Bluemix」向けにMicrosoftの「.NET」ランタイムと関連ツールを提供する。

 IBMとMicrosoftは、ソフトウエアライセンスをすでに取得している顧客が、追加ライセンス料を支払う必要なく、両社のクラウド上でソフトウエアを利用できるようにする。またAzureの顧客はIBMミドルウエアを従量課金形式で使用できる。

 さらにIBMは「Windows Server Hyper-V」上で稼働する自社ソフトウエアのサポートを拡大する。両社は、IBMの「Pure Application Service」をAzureとIBMの高性能クラウド「SoftLayer」の両方で利用可能にすることも計画している。

[発表資料(IBMのプレスリリース)]
[発表資料(Microsoftのプレスリリース)]