PR

 米国のクラウドファンディング「Kickstarter」で目標額25万ドルを1日半で達成し注目を集めた指輪型ウエアラブルデバイス「Ring」が2014年10月29日、都内で披露された(写真1)。30日から11月3日まで東京・渋谷区の表参道ヒルズに期間限定店舗をオープンし、一般ユーザーも実機を用いたデモを体験できる。既にKickstarterで資金提供した支援者には実機の送付が始まっており、11月中に支援者には全て行き渡るという。10月9日から同社のWebサイトでも発売されている。価格は269.99ドル。

写真1●ログバーが開発する指輪型ウエアラブルデバイス「Ring」
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●ログバーが開発する指輪型ウエアラブルデバイス「Ring」
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●ログバーが開発する指輪型ウエアラブルデバイス「Ring」
写真2●Ringを使って家電操作などのデモをするログバーCEOの吉田卓郎氏
写真2●Ringを使って家電操作などのデモをするログバーCEOの吉田卓郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Ringはベンチャー企業のログバーが開発を進めているウエアラブルデバイスで、内蔵する加速度・角速度センサーでジェスチャー情報を取得する。その情報をBluetooth Low Energy(BLE)で接続したスマートフォン側の専用アプリに送り、クラウド側のサービスと連携し、他のアプリや家電の操作などに利用する。具体的には人差し指にRingをはめ、側面のボタンをタッチするとジェスチャー認識を始める(写真2)。専用アプリはiOSおよびAndroidに対応する。