PR

 英Kantar Worldpanelが現地時間2016年1月27日に公表したスマートフォンの販売統計によると、米Appleの「iPhone」は2015年第4四半期(10~12月期)の米国と中国における販売ランキングで首位になった。米国ではApple製品に対する顧客ロイヤルティーが2012年以来の高水準となり、同社は顧客の囲い込みに成功しているという。中国では、機種別販売ランキングでiPhoneの3機種がトップ3に入った。

 このKantar Worldpanelのリポートについて報じている米CNETの記事によると、同四半期の米国における機種別販売ランキングは、Appleの「iPhone 6s」が首位で、そのあと韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S6」、Apple「iPhone 6」と続いた。中国では「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone 6」の順となった。

 一方で第4四半期のスマートフォン販売台数シェアをOS別に見ると、日本を除くすべての主要市場でAndroidがiOSを上回った。例えば、米国におけるAndroidのシェアは59.1%、iOSは39.1%。中国ではAndroidが71.4%、iOSが27.1%。オーストラリアではAndroidが53.5%、iOSが39.6%。欧州5カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)ではAndroidが71.0%、iOSが21.2%。これに対し日本ではiOSが54.1%となり、Androidの44.4%を上回った。

 iOSのシェアは、中国を除くこれらすべての主要市場で前年同期から低下している。Kantar Worldpanelはその理由として、Android端末からiPhoneに買い替えた顧客の比率が前年同期の13%から11%に低下したことなどを挙げている。初めてのスマートフォンとしてiPhoneを購入した人の割合も、前年同期の20%から11%に低下したと、同社は報告している。

[Kantar Worldpanelの発表資料へ]