PR
PaaS/IaaS市場売上金額推移および予測
PaaS/IaaS市場売上金額推移および予測
(出所:アイ・ティ・アール)
[画像のクリックで拡大表示]

 シンクタンクのアイ・ティ・アールは2016年2月16日、PaaS/IaaS市場に関する調査結果を発表した。2015年度の国内PaaS/IaaS市場規模は前年度比24.3%増の約1680億円に達すると予測した。

 2014年度の国内PaaS/IaaS市場規模は前年度比21.3%増の約1350億円だった。同社は2014~2019年度の年間平均成長率(CAGR)を19.2%と予測。その後も拡大を続け、2019年度には約3252億円と3000億円を突破すると予測した。

 同社は企業のクラウド環境の導入意欲はいまだ衰えないと指摘。クラウド環境を選択肢に加えることが、ほぼ必然となっていて、「クラウドファースト」が浸透していると分析している。

 こうした流れに呼応するように、ITベンダー側の「クラウドネイティブ」へのシフトが進んでいると指摘する。特に専有型において基幹システム、あるいはその一部をクラウド環境に実装する企業が増えているという。

 PaaS層のサービス拡充や強化を進めるベンダーも増加しており、PaaS層の需要も拡大傾向にあると指摘。2014年度は、市場を構成するほぼ全てのベンダーが2桁以上の伸びとなったという。

ITRの発表資料へ