PR

 調査会社のIDC Japanは2015年3月12日、国内の携帯電話/スマートフォンの出荷台数に関する調査結果を発表した。それによると、2014年通年の従来型携帯電話/スマートフォンの合計出荷台数は、前年比7.7%減の3659万台とマイナス成長となった。スマートフォンのみの出荷台数も前年比12.4%減の2654万台となり、国内スマートフォン市場が本格的な立ち上がりを見せた2010年以降、初めて年間ベースでのマイナス成長になった。

 同社は、2014年通年の携帯電話/スマートフォン合計のベンダー別シェアについても調査。それによると、iPhone 5、およびiPhone 6シリーズのアップルが高いシェアを維持し、3年連続で首位となった。2位は、スマートフォンと従来型携帯電話の安定供給でシェア13.8%を獲得したシャープ。KDDI(au)向けの商品を中心に販売してシェア10.2%を獲得した京セラが4位となった。

 2014年第4四半期は、携帯電話の出荷台数が前年同期比1.9%減の1241万台で、スマートフォン出荷台数も同2.2%減の988万台と、ともに4半期連続のマイナス成長となった。その要因について、同社は、アンドロイドOS搭載スマートフォンの販売不振によって出荷台数の減少傾向が続いているため、と分析している。

 2014年第4四半期の携帯電話/スマートフォン合計のベンダー別シェアでは、アップルが9四半期連続で首位の座を維持し、iPhone 6とiPhone 6 plusが好調でシェアを46.2%まで伸ばした。次いでXperiaシリーズが出荷増となったソニーがシェア13.7%で第2位に、AQUOSシリーズが好調のシャープが12.4%で第3位に輝いた。

 同社は、今後の見通しについて、2015年第1四半期は、アンドロイドOS搭載のスマートフォン販売の苦戦が続いて在庫過剰となっているため、依然として厳しい市況が続くと予測している。

IDC Japanの発表資料へ