PR
図●国内WANサービス市場: 回線の種類別 事業者売上額 2014年~2019年の年間平均成長率予測
図●国内WANサービス市場: 回線の種類別 事業者売上額 2014年~2019年の年間平均成長率予測
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2015年3月18日、国内法人向けWAN(Wide Area Network)サービス市場に関する調査結果を発表した。

 それによると、2014年の市場規模は、前年比0.3%減の6931億円となった。成長率がほぼ横ばいになったことの背景として、同社は企業の複数拠点を接続するWAN回線需要の飽和、通信機器などの大容量化で大量のトラフィックを効率よく安価に運ぶことができるようになってきたと指摘した()。

 さらに、高価な専用線からより安価な回線への移行が進んでいることなども影響していると分析した。同社では、このトレンドが今後も継続し、2014年~2019年にかけて同市場は年平均マイナス0.4%で推移。2019年には6794億円にまで縮小すると分析した。

 回線の種類によって市場成長率に差があることも明らかにした。成熟するWANサービス市場にあっても、イーサネット専用線とベストエフォートL2/L3回線は成長を維持。イーサネット専用線の成長については、サービスプロバイダーの設備投資の活発化やスマートデバイスの普及によるモバイルトラフィックの増加かが大きな要因となっているという。また、ベストエフォートL2/L3回線の成長は、中堅中小企業のクラウドサービス利用の伸びが大きく影響していると指摘した。

 WANサービス市場においても、他の市場と同様にクラウドとモバイルの影響が鮮明になっているとも指摘。通信事業者の直接の顧客として、エントドユーザーではなくサービスプロバイダーが台頭しつつあると分析した。

IDC Japanの発表資料へ