PR
図●国内データ活用型マーケティング関連ソフトウエア市場 セグメント別売上額予測:2013年~2019年
図●国内データ活用型マーケティング関連ソフトウエア市場 セグメント別売上額予測:2013年~2019年
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2015年3月25日、国内のデータ活用型マーケティング関連ソフトウエア市場に関する調査結果を発表した。それによると、2014年の市場規模は806億3800万円に達したと推定。同社では、ECの刷新、デジタルマーケティング需要の増加などにより、2014年~2019年にかけて同市場が年平均10.0%の高い成長率を維持すると予測。2019年には1300億9100万円の市場規模に成長するという()。

 同社では、グローバルな視点で「データ活用型マーケティング(Data Driven Marketing)」に必要なテクノロジーを定義。最新の「IDCデータ活用型マーケティングテクノロジーマップ」では、それらのテクノロジーを「顧客インタラクション管理」「コンテンツ管理」「コラボレーション/リソース管理」「データ管理/分析」の四つのIT技術領域に分類して分析している。

 今回の調査は、同テクノロジーマップとIDCが保有している国内ソフトウエア市場実績/予測などのリソースを用いて、国内データ活用型マーケティング関連ソフトウエア市場を分析したもの。

 今回の調査結果を受け、今後、ベンダーやシステムインテグレーターには、マーケティング活動の変化に合わせたデータ活用型マーケティング製品/サービスの提供、企業規模/産業分野の特性を意識した製品/サービスの訴求が求められると指摘。あわせて、マーケティングITの購買者へのアプローチ強化が必要になると分析している。

IDC Japanの発表資料へ