PR
Web統合電話帳アプリケーションの市場規模及び予測(※2015年12月末)
Web統合電話帳アプリケーションの市場規模及び予測(※2015年12月末)
(出所:MM総研)
Web統合電話帳アプリケーションの事業者シェア(※2015年12月末)
Web統合電話帳アプリケーションの事業者シェア(※2015年12月末)
(出所:MM総研)

 シンクタンクのMM総研は2016年4月6日、Web統合電話帳アプリケーション(以下、Web電話帳)に関する調査結果を発表した。Web電話帳とは、IP-PBX/SIPサーバーなどと連携し、電話番号、メールアドレスなどの電話帳を、固定電話やモバイル端末などから利用可能とするWebベースの電話帳アプリケーションのこと。電話をはじめメールやインスタントメッセージ、Web会議システムなどのコミュニケーションツールと連携できる機能を備えている。調査によると、2015年12月末時点のWeb電話帳のクライアントライセンス数は2014年12月末時点の46万2000から69%増となる78万2000に拡大した。

 同社では、Web電話帳の市場動向について、大企業を中心にコミュニケーションの効率化による生産性の向上、クラウドとスマートデバイスを活用したワークスタイル変革への動きが市場拡大をけん引していると分析。名刺管理サービスとの連携など、Web電話帳の機能も多様化し、利便性が高まっていると指摘している。同社では、市場の裾野が大企業だけでなく、中堅中小企業にも広がりつつあることから、2016年末のクライアントライセンス数は120万ライセンス、2017年末には180万ライセンスに拡大すると予想した。

 同社は、ベンダ―別の市場シェアも調査。それによると、Phone Appli(以下、フォンアプリ社)の「Phone Appli Collaboration Directory」が、2015年12月末時点で前年比69%増の58万8000ライセンスに増加。市場シェアで75.2%を獲得したという。

 市場シェアの第2位は、日本証券テクノロジーで2015年12月末時点で、前年比90%増の15万2000ライセンスに倍増した。既存顧客の大口案件を複数獲得したのに加え、幅広い業種で新規顧客を開拓したことが実績拡大につながったという。第3位は富士通で、クライアントライセンス数が前年比9%増の2万4000ライセンスを獲得した。

 同社は、ビジネスシーンにおいてWeb電話帳の利用が一般化し、名刺管理などの機能を取り込み、利便性を高めていく中で、企業のコミュニケーション基盤として必要不可欠なものになりつつあると指摘。大企業での利用が市場をけん引するほか、クラウドサービスによる提供が進む中で市場の裾野は中堅中小市場にも確実に広がることが見込まれるという。同社では、さらなる市場拡大が見込まれると分析している。

MM総研の発表資料へ