PR
図●日本におけるクラウドコンピューティングの採用状況
図●日本におけるクラウドコンピューティングの採用状況
(出所:ガートナー ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ガートナー ジャパンは2016年4月21日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。それによると、クラウド・コンピューティングの採用率は16.1%で、2015年調査の15.8%から0.3ポイントの微増となった()。

 同社は、「クラウド・コンピューティングの採用率は2012年の10.3%から、この5年間で6ポイント近く上昇した」と指摘。平均すると1年間でおよそ1ポイントの上昇で、「日本におけるクラウドの採用スピードは、相当緩やかなものである」と分析した。

 2016年の採用率が伸びていないことについて、どのクラウドを選んだらよいか、コストはどうなるか、どの業務システムをクラウドに移行できるか、セキュリティは大丈夫か、といった「基本の確認」フェーズが続いているとする。「多くの企業はこの10年間、同様の議論を続けている」という。

 一方、今後の動向についても分析。クラウド上で提供されるモバイル・アプリケーション開発やIoTに関連したサービス、機械学習やブロックチェーン、クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカー(CASB)といった新しいサービスが急速に登場しつつあると指摘した。これらが、デジタルビジネスやクラウドファーストの考え方を加速させるきっかけとなり、企業のクラウドに対する取り組み全般を後押しするという。

 ガートナーは、企業では企業情報システムのクラウド化だけではなく、新しいサービスの可能性とインパクトにも早期に注目すべきと提唱する。

ガートナー ジャパンの発表資料へ