PR
図●主要5都市で実施した格安SIMサービスのダウンロード速度調査結果
図●主要5都市で実施した格安SIMサービスのダウンロード速度調査結果
(出所:MMD研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のMMD研究所は2016年4月21日、格安SIMサービスの通信速度に関する調査結果を発表した。結果を箱ひげ図で示した結果、中央値が高かったのはFREETEL SIMで13.9Mbps、次いでUQmobileが8.2Mbps、楽天モバイルが7.4Mbpsとなった()。

 2016年3月28日~4月1日の平日5日間、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の全国主要5都市の各駅3カ所ずつ、「Ookla Speedtest.net」を利用して計測した。その結果をデータのばらつきを示す箱ひげ図で示した。

 箱ひげ図の「箱の高さ(75%値)」に着目すると、UQmobileが20.5Mbpsで最も高く、mineo(au)が16.8Mbps、FREETEL SIMが16.6Mbps、IIJ mioが14.3Mbpsで続いた。

 中央値、箱の高さが高い5社の中で、速度の安定性の目安となる箱の長さ(箱の長さが短いほど速度の振れ幅が少ない)についても調査。それによると、FREETEL SIM、楽天モバイルの2社が箱が短く、「相対的に速度が安定していた結果といえる」と分析した。

 従来の計測方法である平均値の速度結果についても発表した。それによると、ダウンロード速度が最も速かったのは、UQmobileで15.8Mbps、次いでFREETEL SIMが12.5Mbps、mineo(au)が10.6Mbpsで続いた。

 東京・恵比寿において、朝(午前9~10時)、昼(正午~午後1時)、夕方(午後5~6時)の通信速度調査についても調査した。それによると、格安SIM全体の平均ダウンロード速度は、朝の時間帯では16.4Mbpsだったのに対し、トラフィックが集中するといわれている昼の時間帯は2.7Mbpsと顕著に速度が低下した。夕方の時間帯は昼よりは速度が回復し、全体の平均ダウンロード速度は13.7Mbpsだったという。

MMD研究所の発表資料へ