PR

 調査会社のIDC Japanは2016年6月13日、国内のビッグデータテクノロジー/サービスに関する調査結果を発表した。それによると、2015年の市場規模は前年比32.3%増の947億7600万円と高い成長を見せた。同社では、同市場の2015年〜2020年の年間平均成長率(CAGR)を25.0%と分析。2020年には同市場が2889億4500万円にまで拡大すると予測した()。

図●国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測(2014〜2020年)
図●国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測(2014〜2020年)
出所:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はビッグデータテクノロジー/サービス市場を、インフラストラクチャー、ソフトウエア、サービスの3つの市場セグメントに分類して市場動向を調査。同社は、現在の市場が通信事業者やWebサービスプロバイダーなどの先行導入者のストレージを中心にしたインフラストラクチャーへの支出が全体の50%を超えていると分析した。

 一方で、新規の採用はパブリッククラウドサービスの利用が急速に広がっており、ビッグデータ向けPaaSを含むソフトウエアセグメントが最も高い前年比40.8%増を記録したという。

 同社は、ビッグデータテクノロジーへの取り組みは、既にテクノロジー企業のみならず一般エンタープライズに拡大していると指摘。さらに、ビッグデータアナリティクスがIoTやコグニティブコンピューティングを用いたデジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤として認識されることで、企業の投資が拡大する傾向に拍車がかかっているという。

IDCの発表資料へ