PR
国内セキュリティソフトウェア市場 売上額予測、2013年~2020年
国内セキュリティソフトウェア市場 売上額予測、2013年~2020年
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2016年6月14日、国内の情報セキュリティ市場に関する調査結果を発表した。同社は、ソフトウェア製品とアプライアンス製品を合わせたセキュリティ製品市場の2015~2020年における年間平均成長率(CAGR)を4.7%と分析。市場規模は2015年の2699億円から2020年には3403億円に拡大すると予測した。一方、コンサルティングやシステム構築、運用管理、教育/トレーニングサービスを含むセキュリティサービスの市場の同期間におけるCAGRを5.2%と分析。市場規模は2015年の6811億円から2020年には8757億円に達するという。

 同社は、セキュリティ市場を「セキュリティソフトウェア市場」と「セキュリティアプライアンス市場」から成る「セキュリティ製品市場」と、「セキュリティサービス市場」のセグメントに分類して調査した。2016年のセキュリティソフトウェア市場は、クラウドやモビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術を活用した第3のプラットフォームへの移行と標的型サイバー攻撃の対策需要によって、前年比成長率が4.3%に達すると予測。

 2017年以降は、2019年に開催されるラグビーワールドカップや2020年に開催される東京オリンピック/パラリンピックでの重要な社会インフラへのサイバー攻撃の対策需要などにより、同市場に対する需要が拡大すると分析。同市場の2015年~2020年におけるCAGRは4.8%で、市場規模は2015年の2246億円から2020年には2838億円に拡大すると予測した。

 一方、同社は2016年のセキュリティアプライアンス市場について、標的型サイバー攻撃の対策需要が引き続き高く、多層防御を備えたUTM(Unified Threat Management)が拡大すると指摘。前年比成長率を2.4%、2015年~2020年におけるCAGRを4.5%と分析。市場規模は2015年の454億円から2020年には566億円に拡大するという。

 同社は、セキュリティサービス市場の動向についても調査。それによると、標的型サイバー攻撃の対策需要よって拡大するUTMやIDS/IPSなど、セキュリティサービスのニーズが高く、前年比成長率が4.3%に達すると分析。同市場の2015年~2020年におけるCAGRを5.2%とし、市場規模は2015年の6811億円から2020年には8757億円に達すると予測した。

IDCの発表資料へ