PR
国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年
国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年
出所:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2016年6月15日、国内のエンタープライズITインフラストラクチャー市場に関する調査結果を発表した。同社では、ITインフラストラクチャーのうち、サーバー、エンタープライズストレージシステム、およびデータセンター向けネットワーク機器(イーサネットスイッチ)を含んだ市場をエンタープライズITインフラストラクチャー市場と定義。それによると、2015年の同市場の出荷額は、前年比8.5%増の7502億5200万円に達した。

 同社では、コンポーネント別の出荷額も調査。それによると、サーバーが市場全体の67.6%に当たる5069億6000万円、ストレージが26.4%に当たる1977億3800万円、イーサネットスイッチが6.1%の455億5400万円だった。

 同社では、コンポーネント別に前年比成長率も発表。それによると、すべてのコンポーネントがプラス成長だったという。中でもイーサネットスイッチでは、前年比25.2%増の高成長を達成。同社では、第1、第2のプラットフォームから、第3のプラットフォームへのシフトが進展。ソーシャル/モビリティの活用やIoTへの取り組みによって、個人、企業、クラウドサービスプロバイダーなどの間において、ネットワークを介したデータのやりとりが加速度的に増加していることが背景にあると分析した。

 また、同社は2015年の市場動向について、トラディショナルITインフラストラクチャーからクラウドITインフラストラクチャーへのシフトが加速したと指摘。クラウドITインフラの出荷額は、同80.4%増の1171億3000万円でした。国内エンタープライズITインフラストラクチャー市場での構成比は、前年から6.2ポイント上昇して15.6%となった。

 なお、出荷額シェアを見ると、1位が富士通、2位がNEC、3位がHP Enterprise、次いで日立製作所、IBM、デル、シスコシステムズの順となった。

IDCの発表資料へ