PR

 調査会社のIDC Japanは2015年6月22日、国内セキュリティ市場に関する調査結果を発表した。それによると、SaaS型セキュリティソフトウエアを含むソフトウエア製品とアプライアンス製品を合わせたセキュリティ製品市場は、2014年に前年比3.5%増の2564億円となった()。また、コンサルティングやシステム構築、運用管理、教育/トレーニングサービスを含めたセキュリティサービス市場は同6.9%増の6457億円にまで拡大した。

図●国内セキュリティ製品市場(出典:IDC Japan)
図●国内セキュリティ製品市場(出典:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はセキュリティ製品市場についての詳細な調査結果も発表。それによると、セキュリティソフトウエア市場は、同4.1%増の2151億円に達した。その理由として同社は、エンドポイントセキュリティとアイデンティティ/アクセス管理が市場をけん引したとしている。

 その背景として同社は、サーバー統合/システム統合による業務システムのリプレイスに伴うアイデンティティ/アクセス管理への需要の拡大、スマートフォンやタブレットの普及によるモバイルデバイスからのリモートアクセスと認証ソリューションへのニーズの高まり、標的型サイバー攻撃への対策への需要増加を挙げている。

 同社では、2015年以降、法規制によってサイバーセキュリティ対策やマイナンバーなどの個人情報保護対策の強化が求められ、同市場への需要が拡大すると分析。また、クラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、標的型サイバー攻撃の増加によって、セキュリティソフトウエア全体に対してニーズも高まるという。これにより、2014年〜2019年にかけて、同市場が年平均4.2%で増大し、2019年には2638億円に拡大すると予測した。