PR
スマートフォンからのEコマースサービス利用者数
スマートフォンからのEコマースサービス利用者数
(出所:ニールセン)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のニールセンは2016年6月28日、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況に関する調査結果を発表した。2016年5月時点でスマートフォンからのEコマース関連サービスを利用しているユーザーは前年同月比15%増の4857万人に達した。スマートフォン利用者全体の伸び率である14%と同程度という。

 利用者数の多いサービスについても調べた。1位は「Amazon」、2位が「楽天市場」となり、両サービスともに利用者数が3000万人を超えた。3位は1876万人でYahoo!ショッピング。4位以下のサービスは利用者数が1000万人以下で、カタログ通販の大手「ニッセン」が4位に、5位には2015年11月にサービスを開始した「オムニ7」で利用者数は700万人だったという。

 同社は上位3サービスにに関するアプリの利用状況を調べた。各サービスともに利用者数の増加が目立ち、Eコマース全体利用者数の増加率15%より高い伸びを示したという。特に、Yahoo!ショッピングアプリの利用者は前年同月から3倍の増加となった。

 同社では「Eコマース関連サービス利用者は、スマートフォンの普及と共に継続的に増加し、今では5000万人に届く規模まで成長している」と分析している。

ニールセンの発表資料へ