PR

 調査会社のIDC Japanは2016年7月4日、国内のIT市場に関する調査結果を発表した。それによると、2015年の市場規模は前年比0.6%減の14兆6284億円にとどまった。携帯電話基地局関連への設備投資などの抑制傾向が進んだ通信/メディアが同8.9%減となり、市場全体の成長率を押し下げたことが大きな要因という。同社は、2016年の市場規模を同0.4%減の14兆5683億円と予測。2015〜2020年の年間平均成長率(CAGR)を0.8%と分析し、2020年にはIT市場規模が15兆2413億円になると予測した()。

図●国内IT市場の支出額(2015〜2020年)
図●国内IT市場の支出額(2015〜2020年)
出所:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は産業分野別の動向も調査した。それによると、減少が目立った通信/メディアとは対象的に、金融分野では大型案件が継続したほか、オムニチャネル推進に関連した投資が進む小売分野も堅調な成長を維持したと分析。同社は両産業分野について、2016年以降も堅調な成長率を維持すると予測している。また、不安定な中国経済や中東情勢など海外経済のリスクが懸念される中、これまでIT投資が堅調に推移してきた製造業分野では、その積極性が若干弱まると指摘した。

 同社は今後の市場動向について、次年に東京オリンピック・パラリンピックを控える2019年をピークにIT投資が堅調に伸び、2019年には同2.8%の成長率が見込まれるという。ただし、その反動もあって2020年は同1.0%減を予測。多くの産業分野で2020年は横ばいにとどまるが、一般消費者において予測される大幅なマイナス成長が同年の全体の成長率を引き下げる要因となると分析している。

IDCの発表資料へ