PR

 シンクタンクの矢野経済研究所は2016年7月4日、世界のプリンター市場に関する調査結果を発表した。それによると、2015年度の出荷台数は、メーカー出荷ベースで1億350万台。2016年度は前年度比2.4%増の1億600万台と予測した()。

図●プリンター世界市場予測
図●プリンター世界市場予測
出所:矢野経済研究所
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年度には、日本国内では大手コンビニエンスストアの複合機(MFP)の入れ換えなど大口案件もあったと指摘。その一方で、中国市場における成長の鈍化や欧州市場での景況感への不安などからプリンターの世界出荷台数は伸び悩んだという。

 同社では2016年度の動向について、2016年6月に開催されたdrupa 2016の開催影響などから業務用プリンターの新機種が発表・発売されるなど、市場が活気付き、業務用プリンターが市場を牽引していくと予測した。

 一方、同社は2015年度の出荷金額も発表。それによると、メーカー出荷ベースで6兆2675億円だった。業種・業務に特化した様々なプリンターの上市や、ユーザー企業側にデジタル印刷機などで上位機種へのリプレイス(入れ換え)需要が見られることなどから、2016年度の同出荷金額は同0.5%増の6兆3000億円になると予測する。

 なお、同社は2015年度のデジタル印刷機の出荷台数も調査。それによると、メーカー出荷ベースで7万1165台。2016年度の同出荷台数は前年度比7.3%増の7万6352台と予測した。同社は2015年度は世界的な景況の影響などを受け、出荷金額が同7.0%増にとどまったが、今後は需要の裾野拡大によるエントリーモデルの導入台数拡大、提案型営業強化による高位なモデルへのリプレイス(入れ換え)需要などが期待できるという。同社では2015年度から2019年度までの年平均成長率を7.2%と分析。2019年度には同出荷台数が9万4000台に達すると予測している。

矢野経済研究所の発表資料へ