PR

 調査会社のIDC Japanは2016年7月11日、国内のCRM(Customer Relationship Management)市場に関する調査結果を発表した。2015年の市場規模は前年比8.9%増の800億8900万円に達した()。

図●国内CRM市場予測(2015〜2020年)
図●国内CRM市場予測(2015〜2020年)
出所:IDC Japan

 同社は2016年以降、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進行や顧客情報のビッグデータ/アナリティクス需要、CRMアプリケーションとバックオフィスアプリケーションの連携需要などで市場は堅調に推移すると分析。2015〜2020年の年間平均成長率(CAGR)を5.3%とし、2020年には1039億2300万円に拡大すると予測した。

 同社は、CRM市場を「コンタクトセンターアプリケーション市場」、「カスタマーサービスアプリケーション市場」、「マーケティングアプリケーション市場」、「セールスアプリケーション市場」の4つの機能市場に分類して調査。2015年は、マーケティングアプリケーションとセールスアプリケーションが市場成長を牽引したという。

 マーケティングアプリケーションでは、消費者のデジタル化の進行、オムニコマースの進行によって、デジタルマーケティングの需要が拡大。同19.2%増の高成長を達成したと分析した。また、セールスアプリケーションでは、既設ユーザー企業での更改時のユーザー数拡大、従来導入されていなかった中堅中小企業へのタッチポイントの拡大が見られ、同11.6%増の成長を遂げたという。

IDCの発表資料へ