PR
図● 国内ITサービス市場 支出額予測、2013年~2019年
図● 国内ITサービス市場 支出額予測、2013年~2019年
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2015年10月13日、国内のITサービス市場に関する調査結果を発表した()。2014年に前年比3.9%増と、世界金融危機前の2007年に達成した成長率と並ぶ高い成長率を達成した同市場は好調を継続。2015年には同2.7%増にに達するものと予測した。同社では、2016年以降も堅調に拡大が続くと分析。しかし、成長率は鈍化するという。同社は、2014年から2019年にかけての年間平均成長率が1.9%にとどまると予測した。

 同社は、2014年の国内ITサービス市場の高い成長を支えたのは、金融機関や公共セクターにおける積極的なシステム構築投資と指摘。2015年に入っても、金融や公共によるシステム構築需要は継続し、システムインテグレーションやITコンサルティングなどから構成されるプロジェクトベース市場の成長率は、2014年に引き続き2015年も「ITアウトソーシング市場の成長率を上回る見込みという。

 ただし、同社では2016年以降は市場環境が変化すると指摘。成長率だけではなく、提供するサービス内容も同様に変化するという。足元での市場成長をけん引しているのは、主にクライアント/サーバーシステムなどを中心とした「第2のプラットフォーム」に関わるシステム構築だが、今後はクラウド、モビリティ、ソーシャル技術、ビッグデータ/アナリティクス、さらにはIoTなどの、「第3のプラットフォーム」に関わるITサービス支出が急激に拡大していくと分析している。

IDCの発表資料へ