PR

 調査会社のIDC Japanは2015年12月14日、国内の外付型エンタープライズストレージ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2014年の市場規模は、前年比2.6%減の1878億300万円にとどまった。2015年に入り、上半期(1月〜6月)にメインフレーム向けの大型更新案件が金融、官公庁を向けに集中したこと、オープンシステム向け需要が仮想化環境やクラウド環境で高成長を継続していることから、市場は拡大傾向にあるという。同社は、2015年の市場規模を同6.0%増の1989億7800万円と予測した()。併せて、2014〜2019年の年間平均成長率(CAGR)を1.7%と分析。2019年には、2047億1000万円にまで拡大すると予測した。

図●国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額予測
図●国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額予測
出所:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、2015年の外付型エンタープライズストレージシステムのクラス別構成比についても予測。それによると、システム価格3000万円以上のハイエンドが29.2%、同500万〜3000万円未満のミッドレンジが37.1%、同500万円未満のローエンドが33.7%と分析した。2015年のクラス別の前年比成長率は、ハイエンドが5.6%増、ミッドレンジが9.0%増、ローエンドが3.1%増と予測。長期的な減少傾向を続けてきたハイエンドで前年比5.6%増という比較的高い成長率が見込まれるのは、メインフレーム向けの大型更新案件が寄与しているという。ミッドレンジが、最も高い成長率となっているのは、高信頼性と高機能、コストパフォーマンスの高さが評価され、仮想化やクラウド環境への導入が進んでいるためと指摘した。

 なお、2014〜2019年にかけてのクラス別のCAGRは、ハイエンドがマイナス3.0%、ミッドレンジが4.0%、ローエンドが2.9%と分析している。

IDCの発表資料へ