PR
図●ハイブリッドキャストの展開イメージ
図●ハイブリッドキャストの展開イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 NECと朝日放送は2014年11月17日、NECが朝日放送の協力の下、放送波によるコンテンツ配信が可能な「フェーズ1方式」に対応したハイブリッドキャスト放送の送出設備を開発したと発表した。2014年11月19日から同月21日にわたり開催される「国際放送機器展(InterBEE2014)」において、同設備で送出した番組のコンテンツを録画視聴するデモの参考出展を行う。

 NECと朝日放送は、2014年10月24日(深夜1時34分~深夜2時34分に関西ローカルで放送)に放映された単発ゲーム番組「ゲーム王ハロウィン~そして悪魔は舞い降りた!?~」において、ハイブリッドキャストの従来規格である「フェーズ0方式」でのテレビ番組およびCMの放映を実施した。今回のInterBEE2014の展示は同番組のコンテンツを利用する。

 テレビ放送とHTML5によるWebコンテンツの融合を実現するハイブリッドキャストの「フェーズ1方式」では、通信だけでなく放送波を介したコンテンツ配信が可能になる。万一の災害時など、インターネット回線が不安定な状況下でも、避難情報などの配信・受信を実現できる。また、インターネットに接続されていないテレビでも、放送波を介してリッチなコンテンツを楽しめる。

[発表資料へ]