PR
SOSに対応予定の産業用バーコード/RFIDプリンター「CL4NXシリーズ」
SOSに対応予定の産業用バーコード/RFIDプリンター「CL4NXシリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 ラベルプリンター大手のサトーは、2015年9月までにIoT技術を活用し、機器の安定運用を支援するサービスの提供を開始する。

 サービス名称は「SATO Online Services (SOS)」。顧客企業にに設置したラベルプリンターの稼働状況をリアルタイムで遠隔モニターし、問題が起きそうな箇所を事前に発見。部品交換などを先んじて行う。国内だけでなく、海外の顧客にも対応する予定。

 SOSに対応するのは2014年に発売した産業用バーコード/RFIDプリンター「CL4NXシリーズ」。液晶画面で操作ガイドを動画再生でき、工具なしで消耗部品の交換ができるなどの特色を持ったグローバル戦略商品。稼働状況の遠隔モニターによってサービスを強化し、売り上げの拡大につなげる狙い。

 SOSのシステム基盤にはセールスフォース・ドットコムの「Salesforce1 Heroku Connect」「Salesforce Service Cloud1」を採用した。