PR

 楽天は2014年12月15日、ICカードの国際標準規格に対応したスマートフォン決済端末、「楽天スマートペイIC・磁気対応カードリーダー」を開始すると発表した。楽天スマートペイはスマートフォンやタブレットをクレジットカード決済端末に変えるサービス。楽天はこれまで、磁気ストライプ対応の小型決済端末を提供してきたが、今後はICカードにも対応するリーダーに切り替える。端末価格は税込みで7980円。審査が通過した月を含む4カ月以内に合計3万円以上の決済があった場合、端末代をキャッシュバックする期間限定のキャンペーンを展開する。

写真1●楽天が開始するEMV対応スマートフォン決済サービス
写真1●楽天が開始するEMV対応スマートフォン決済サービス
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天スマートペイは楽天が2012年12月に開始した(関連記事)。スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに差し込む小型リーダー端末と専用アプリを組み合わせてクレジットカード決済を可能にするサービスで、月額費用は無料、決済手数料は一律3.24%。もともとは米スクエアが米国で開始したスマホ決済サービスだが、国内ではスクエアが参入する前に楽天など複数の事業者が開始した。

 楽天は自前の営業力で店舗開拓を進めたほか、決済可能なクレジットカード種別を豊富にそろえたり、銀行口座への振り込み日数を短縮化したりするなど、利便性を高めて市場のシェアを拡大。現在、スマホ決済サービスを提供する各社ともに決済流通総額を明らかにしていないが、「決済金額で業界ナンバーワン」(楽天 代表取締役副社長の穂坂雅之氏)のようだ。

 今回、楽天が開発した楽天スマートペイIC・磁気対応カードリーダーは、ICカードの国際標準規格であるEMVに対応。端末は液晶とPINを入力するキーで構成され、スマホやタブレットとBluetoothで接続する。「国内におけるスマホ決済端末でEMV対応する初めての製品」(ビザ・ワールドワイド代表取締役の岡本和彦氏)と言う。