PR

 VAIO株式会社は2014年12月25日、日本通信との協業により2015年1月にスマートフォン製品を市場投入することを発表した。具体的な製品の概要は、発売を決定した段階で、改めて発表するという。

 2014年7月にソニーからPC事業を分離した形で発足したVAIOだが、VAIOへのソニーの出資比率は5%にとどまっている。両社はこれまで、スマートフォンなどのモバイル製品はソニーのモバイル部門であるソニーモバイルコミュニケーションズが、PC製品はVAIOが取り扱うという形ですみ分けを図ってきた(写真1)。

写真1●スマートフォン市場参入を発表したVAIO株式会社(写真は2014年7月1日の設立会見時のもの)
写真1●スマートフォン市場参入を発表したVAIO株式会社(写真は2014年7月1日の設立会見時のもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし今回のVAIOによるスマートフォン参入により、このすみ分けに変化が起こる。これからVAIOはソニーのモバイル事業と競合するのか。両社の見解をもとに、今後の展開を予想してみたい。

VAIOが独自の判断でスマートフォン市場に参入

 今回のVAIOによるスマートフォン市場への参入に伴い、気になるのはソニーモバイルとの関係だろう。この点についてVAIOは、「ソニーモバイルと連携した動きではなく、VAIOとして独自に判断したもの」(広報)と説明する。