PR

 UQコミュニケーションズは2015年1月15日、下り最大220Mビット/秒に高速化したWiMAX 2+の新サービス提供に合わせて、WiMAX 2+を通信データ量無制限で利用できる新料金プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」を発表した。月額の利用料金は4380円(税別、以下同)。2月20日に提供を開始する(関連記事:UQが最大220MbpsのWiMAX 2+開始、4×4MIMO方式で3月に全国一斉エリア化)。

 UQ Flatツープラス ギガ放題でUQコミュニケーションズは、これまでWiMAX 2+に設定していた7GBのデータ量月間上限(新規契約から最大25カ月間は対象外)のないプランを新たに提供する形となる。ただし、UQコミュニケーションズにサービスの詳細を確認したところ、au 4G LTEに対応する「Speed Wi-Fi NEXT W01」で「LTEオプション」(利用した月のみ1005円、2015年5月末まで無料)を利用してau 4G LTE通信と併用した場合は、従来と同様に月間7GBの上限が適用されるという。このためLTEオプションを利用する際には注意が必要だ。

 具体的には、WiMAX 2+を利用できる「ハイスピードモード」とWiMAX 2+とau 4G LTEを併用する「ハイスピードプラスエリアモード」の2モードのうち、ハイスピードプラスエリアモードを利用した通信は月間7GBのデータ量カウント対象となる。ハイスピードプラスエリアモードではWiMAX 2+も利用できるが、同モードのWiMAX 2+はカウント対象となるので十分に注意する必要がある()。WiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が月7GBを超えた場合は、従来と同様、WiMAX 2+とau 4G LTEの両方式とも通信速度が128kビット/秒に制限される。

 加えて、両モードとも3日間で3GBを超えると通信速度が700kビット/秒程度まで低速化される。従来は3日で1GBの設定だったが、新料金プランでは3GBまで緩和されている。

図●「Speed Wi-Fi NEXT W01」を利用する際の速度規制の概要
図●「Speed Wi-Fi NEXT W01」を利用する際の速度規制の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 従来機種の「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」「同HWD15」においても、新規契約から25カ月以内の制限なし状態であっても、ハイスピードプラスエリアモードのWiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が月7GBを超えると両方式とも速度規制の対象となっていた(関連記事:エリア広がるWiMAX 2+、超高速なれど速度規制ルールも“超複雑”)。