PR
画面例
画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 福島県を放送対象地域とするJNN系列局であるテレビユー福島(TUF)は、福島県内の2村において実証実験を進めていた「テレビデータ放送によるお買い物支援サービス」を2015年1月18日に本放送に切り替えた。

 実験対象世帯には、高齢者でも分かり易く簡単に操作できることを目指して「お買いもの専用リモコン」が配布される。データ放送画面から食料品などを注文すると、実験に協力するスーパーいちい(福島市)の商品が宅配業者により配達される。

 実験対象は、冬季に150cmを超える豪雪に閉ざされる大沼郡昭和村の23世帯と、原発事故後の帰還地域で買い物インフラが不足している双葉郡川内村の22世帯の合計45世帯。実験期間は、2015年1月8日~1月17日の試験放送、1月18日~2月16日の本放送の合計40日。

 今回の実証実験は、復興庁の平成26年度「新しい東北」先導モデル事業の公募に対して、TUFが「高齢社会」に対する「高齢者等を対象にした買い物支援に対する取り組み」プロジェクト事業として応募し採択され、実施するものである。

 TUFはJNN系列(TBS系)の番組に加えて、自主制作番組の提供に注力して、地域の活性化や住民へのサービス向上に寄与することを目指しており、特にデータ放送技術や双方向機能の活用に着目して、メディアキャストの統合型データ放送ソリューション「DataCaster M3」を2013年6月に導入している。これまでも、天気・交通情報や、番組と連動した(スポーツ中継など)情報を提供してきた。

 今回の実証実験にメディアキャストは、データ放送活用の視点でのアイデア提供、データ放送画面の開発などで協力している。

 実証実験を経て有効性が認められれば、今後は復興庁の継続モデル事業として、利用地域の拡大や本サービスへの移行をテレビユー福島は代表社として提案していく。

[発表資料へ]