PR

 NECパーソナルコンピュータは2015年1月20日、都内で「新生LaVie発表会」を開催し、「LaVie Hybrid ZERO」などのPC新製品を発表した(写真1)。

写真1●「新生LaVie」を強調した発表会を開催
写真1●「新生LaVie」を強調した発表会を開催
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会にはNECパーソナルコンピュータ 取締役執行役員常務の留目真伸氏が登壇した。留目氏は「LaVie」ブランドのPCが登場した1995年を振り返り、「PCの利用スタイルは、この20年間変わっていない」と指摘した(写真2)。

写真2●NECパーソナルコンピュータ 取締役執行役員常務の留目真伸氏
写真2●NECパーソナルコンピュータ 取締役執行役員常務の留目真伸氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「写真やビデオをオンラインに保存している人は3%、宅内でどこでもテレビ視聴ができるようにしている人は7%しかいない。本当に便利な技術が、消費者に普及していない」(留目氏)として、誰もがデジタルライフを楽しめる「Digital Dramatic Days」のビジョンを実現していくとの展望を語った。

779gからの世界最軽量ノート「LaVie Hybrid ZERO」

 PC製品の詳細については、NECパーソナルコンピュータ 商品企画本部の森部浩至氏が解説した。森部氏は、「20年前と比べてPCを持ち歩く機会は増え、電車や旅行先など立ちながら利用することも増えた。タブレットのように使えるノートPCが必要だ」として、「LaVie Hybrid ZERO」を披露した(写真3、4)。

写真3●片手で持てる軽さをアピールする、NECパーソナルコンピュータ 商品企画本部の森部浩至氏
写真3●片手で持てる軽さをアピールする、NECパーソナルコンピュータ 商品企画本部の森部浩至氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●LaVie Zが進化した「LaVie Hybrid ZERO」
写真4●LaVie Zが進化した「LaVie Hybrid ZERO」
[画像のクリックで拡大表示]