PR

 NTTデータは2015年1月27日、製品マニュアルなどの技術文書を和英/英和で機械翻訳するクラウドサービスを4月から提供すると発表した。NTTが開発した機械翻訳エンジン「多言語統計翻訳プラットフォーム」を活用しており、NTT独自の構文解析技術や文法に基づく語順変換技術で、長文が含まれる技術文書であっても高い品質で翻訳できるとする。

 同社では、多言語統計翻訳プラットフォームを活用して、2014年4月から中国語・韓国語の特許文書を対象にした翻訳サービスを提供してきた。今回、同プラットフォームで翻訳する対象言語に英語を追加し、製品マニュアル、設計書、学術論文などの技術文書まで適用範囲を拡大。英語・中国語・韓国語から日本語への翻訳、および日本語から英語・中国語・韓国語への翻訳を可能にした。

 4月から、翻訳サービス業界や特許情報サービス業界向けに、設置導入型またはクラウドサービスの形態で提供を開始する。2017年度までに10億円の売り上げを目指す。