PR

 米VMwareと米Googleは2015年1月29日(現地時間)、両社の協業を拡大すると発表した。2015年後半にもVMwareのクラウドサービス「vCloud Air」において「Google Cloud Platform」の一部サービスを利用可能にする。vCloud Airのユーザー企業は契約とネットワーク接続を変える必要はなく、Google Cloud Platformの料金を追加で払えばよい。

 最初にGoogle Cloud Platformを構成する分散オブジェクトストレージの「Google Cloud Storage」、リアルタイムビッグデータ分析サービス「Google BigQuery」。NoSQLデータベースサービス「Google Cloud Datastore」、DNSサービス「Google Cloud DNS」をvCloud Airで利用できるようにする。ただし、日本でのサービス提供時期は未定。

 Google Cloud PlatformのサービスはvCloud Airと緊密に統合される。発表資料の中でGoogleの担当者は「VMwareとGoogleのクラウドは統合して同じインフラ上に構築され、Googleのサービスから数十億もの検索結果をミリ秒単位で取得できる」と述べている。また、VMwareの担当者によると「vCloud Airで提供するGoogle Cloud PlatformはVMwareがサポートする」という。

 GoogleとVMwareは今回の発表で、VMwareの管理ツールvRealize Cloud Management SuiteからGoogle Cloud Platformをサポートできるようにする検討も行っていることを明らかにしている。VMwareとGoogleは、デスクトップ仮想化製品VMware Horizon ViewとChromebookに関する提携を行ったり、Googleが公開したオープンソースソフトウエア「Kubernetes」のプロジェクトにVMwareが参加したりするなど関係を強めている。