PR
写真1●損害保険ジャパン日本興亜が「スマイリングロード」で採用する東芝製ドライブレコーダー
写真1●損害保険ジャパン日本興亜が「スマイリングロード」で採用する東芝製ドライブレコーダー
写真2●「危険挙動」を通知するスマートフォンアプリの画面
写真2●「危険挙動」を通知するスマートフォンアプリの画面

 損害保険ジャパン日本興亜は2015年2月3日、ドライブレコーダーを使った企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」の提供を3月から開始すると発表した。ドライブレコーダーで走行データを収集し、安全運転診断などの結果を運転者や運行管理者に提供する。IoT(Internet of Things)技術を応用したサービスの提供を通じて、事故予防促進やそれによる保険金支払いの削減につなげる。

 対象車両には運転席上部ミラーに東芝製のドライブレコーダーを取り付ける(写真1)。ドライブレコーダーはGPS(全地球測位システム)受信機と加速度センサー、カメラ、3G通信機能を備える。ここから取得した車両の走行データを、損害保険ジャパン日本興亜のデータセンターへと送信する。

 データセンター側では取得データを分析し、加減速やハンドリングなどの巧拙を診断する。運転者本人は診断結果をスマートフォンアプリで確認でき、運行管理者には電子メールで通知する。明らかに危険な運転操作を行ったり、衝撃を検知したりした場合は、その瞬間の画像や場所が即時に管理者に配信され、状況判断に役立てることができる(写真2)。

 運転者の管理機能だけではなく、損害保険ジャパン日本興亜が優良運転者を抽出して特典を提供する仕組みもある。「安全運転ランキング」機能では、スマイリングロードを利用する全運転者の運転操作を得点化し、ランキング上位者に「amazonギフト券」などをプレゼントする。

 スマイリングロードの提供対象は、損害保険ジャパン日本興亜の「自動車保険フリート契約」(自動車を10台以上所有・使用している企業向けの保険契約)の加入企業である。ドライブレコーダーの提供価格は1台当たり月額1800円(税別)。契約加入全車両にドライブレコーダーを導入した場合、自動車保険料を5%割り引く。

損害保険ジャパン日本興亜の発表資料(PDF)
東芝の発表資料