PR

 米Facebookは現地時間2015年2月11日、セキュリティ脅威に関する情報を共有するためのプラットフォーム「ThreatExchange」を発表した。セキュリティ専門家や企業が、新たに確認した情報をより簡単に相互共有し、理解を深めて自社システムのセキュリティ強化に役立てられるようにする。

 一連のプライバシー管理機能を組み込んでいるため、機密情報を保護しながら、特定の相手あるいはグループと情報を共有できるとしている。

 ThreatExchangeはFacebookの既存のプラットフォームインフラ上に構築し、各種APIを用意する。参加メンバーは利用可能な脅威関連情報を要求したり、全体または特定範囲に向けて情報を提供したりできる。

 現在ベータ段階にあり、米Pinterest、米Tumblr、米Twitter、米Yahoo!などが早期パートナーとしてすでに参加している。新たに米Bitlyや米Dropboxも加わるという。

 ThreatExchangeのベータプログラム参加に関心のある企業は、専用サイトから申し込める。

[発表資料へ]