PR

 エムオーテックス(MOTEX)は2015年3月3日、メールの誤送信などに関するアンケート調査の結果を公表した。「業務メールを誤送信したことがある」と答えたユーザーは3割を超えており、その多くは2回以上誤送信していると答えた。

 今回のアンケートの調査対象は全国の20~60代の男女140人。調査期間は2014年12月24日から2015年2月5日まで。インターネットを通じて実施した。

 メールの誤送信に関する設問では、「業務メールで誤送信したことがある」が25.0%、「業務メールと私用メールの両方で誤送信したことがある」が11.4%、「私用メールで誤送信したことがある」が9.3%だった(図1)。つまり36.4%のユーザーが、業務メールを誤送信したことがあると答えた。

図1●「メール誤送信の経験がありますか」という設問に対する回答(MOTEXの発表資料から引用。以下同じ)
図1●「メール誤送信の経験がありますか」という設問に対する回答(MOTEXの発表資料から引用。以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 誤送信の回数については、「1回」と答えたのは13.8%。それ以外の9割近くは、2回以上経験していると回答した(図2)。

図2●誤送信の経験があるユーザーに聞いた「メール誤送信の経験回数」に対する回答
図2●誤送信の経験があるユーザーに聞いた「メール誤送信の経験回数」に対する回答
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い