PR

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2015年3月4日、新たな広告サービス「Carousel Ads」を発表した。複数の画像を水平方向にスワイプしてカルーセル表示する。

 新広告サービスについてInstagramは、ビジネスに成果をもたらす方法でストーリー性のあるひと続きの魅力的な広告を出したいというマーケターの意見と、広告写真やビデオで気になったブランドや製品についてもっと知りたいというユーザーの声に応えるものだとしている。

 広告主はCarousel Adsを使って、ユーザーに対して複数の画像を展開し、自社サイトへのリンクを張ることができる。例えば自動車メーカーは、車のさまざまな機能に関する一連の画像を掲載し、最後に新モデルに関する詳細情報を掲載したWebページに誘導できる。

 広告に興味のないユーザーは、水平方向にスワイプせず、フィードをスクロールしてCarousel Adsを通り過ぎればよい。

 Carousel Adsは、現在限定的なテストを実施しており、数週間以内に一般ユーザーにも表示されるようになるという。

 InstagramはFacebookが2012年に7億ドル超で買収した(関連記事:FacebookがInstagram買収を完了、独立事業としてサービス継続)。立ち上げ以降の4年間は成長することに焦点を絞り、今やユーザー数は3億人を上回るという。しかし、あまり多くのカルーセル広告やリンクが表示されるようになると、Instagramのスクロール体験が損なわれる可能性があると、米TechCrunchは指摘している。

[発表資料へ]