PR
写真●Apple Watch
写真●Apple Watch
[画像のクリックで拡大表示]
画面●Appleのサイトでは各モデルのラインアップが見られる
画面●Appleのサイトでは各モデルのラインアップが見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルは2015年3月10日、ウエアラブル端末「Apple Watch」(写真)を4月24日に発売すると発表した。4月10日から予約を受け付ける。価格は最も安い「Apple Watch Sport」が4万2800円(税別)から。18Kゴールドを使った「Apple Watch Edition」は128万円(税別)から。

 Apple Watchはアップルが2014年9月に発表したウエアラブル端末で、同社のiPhone 5/5c/5s/6/6 Plusと連携させて使う(関連記事:ITproまとめ Apple Watch)。Apple Watch Sport、「Apple Watch」、Apple Watch Editionの3モデルに対してそれぞれ38mmと42mmの2種類のサイズがある。アップルによると、最大18時間、バッテリーで駆動できるという。

 3モデルは主に外装の材質やバンドの選択肢が異なる(画面)。Apple Watch Sportの本体色は「シルバー」または「スペースグレー」で、外装は酸化皮膜処理したアルミニウム。ディスプレイは「強化Ion-Xガラス」で保護している。バンドは5色。Apple Watchの外装は鏡面仕上げのステンレス。ディスプレイ保護には「サファイアクリスタル」を使う。3種類のレザーストラップや、ステンレス製バンド、白または黒のスポーツバンドと組み合わせられる。Apple Watch Editionは18Kゴールドから作った外装を採用する。本体色は「ローズ」と「イエロー」の2種類だ。

 価格はApple Watch Sportが4万2800円(税別、以下同じ)と4万8800円。Apple Watchが6万6800円から13万2800円。Apple Watch Editionが128万円から218万円。