PR
写真●「Apple Watch」
写真●「Apple Watch」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」はストレージ容量が8Gバイトであることを確認したと、Apple関連の情報サイト「9to5Mac」が現地時間2015年3月10日に報じた(写真)。9to5Macは先週、Apple Watchが8Gバイトのストレージを内蔵するとの情報を伝えていたが、このたびAppleから確認を得たという。

 しかし8Gバイトすべてをユーザーが使えるのではなく、最大2Gバイトの音楽、最大75Mバイトの写真の保存に制限されている。ローカルに保存されたコンテンツは、「iPhone」と接続しなくても再生や閲覧が可能。iPhoneを家に置いて、Apple Watchを腕にはめて音楽を聞きながらランニングするといった使い方ができる。

 2Gバイトの容量は楽曲にすると約200曲分となる。米SlashGearは、音質によっては500曲近く保存できるとしている。

 75Mバイトの写真となると制限が厳しく思えるが、お気に入りの写真のみを保存することを、Appleは望んでいるという。また、写真がApple Watchにインポートされる際、小型画面での表示に合わせてサイズが自動調整されるため、9to5Macは「大まかに100枚以上保存できる」と推計している。

 残る約6Gバイトの用途は不明だが、設定などのデータやアプリケーションのキャッシュに使われると考えられる。

 なお8Gバイトのストレージ容量は、スタンダードなApple Watchのほか、アルミニウムの「Apple Watch Sport」、18Kゴールドの「Apple Watch Edition」いずれも同じだという。

 Apple Watchは、米国や日本を含む9カ国/地域で4月10日に予約受付を開始し、4月24日より出荷する予定。希望小売価格はSportが349ドルから、Watchが549ドルから、Editionが1万ドルからとなっている(関連記事:Apple Watchは4月10日に予約開始、4万2800円から218万円)。