PR

 NTTぷららおよびアイキャストは2015年3月11日、両社が運営するスマートTVサービス「ひかりTV」が、2015年2月末日に300万会員を超えたと発表した。

 ひかりTVは2008年3月にサービスを開始したので、約7年で300万会員を達成したことになる。同サービスはスタート当初、テレビ向けの映像サービスを中心に事業を展開してきた。ここ数年は「スマートTV」化を推進し、マルチデバイス対応やクラウドゲーム、音楽配信など各種サービスを展開してきた。また、2014年10月には日本初となる商用の4K映像配信サービスの提供を始めている。4K対応テレビでは、「ひかりTV」チューナー内蔵品の製品化も始まっている。

 なお、NTTぷららは、ひかりTVの利用拡大に向け、新たなサービスの提供やサービス品質の改善に努め、顧客満足度の向上を図る方針。

[発表資料へ]