PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年3月16日、Office 365の導入を支援するコンサルティング/システム構築サービス「Office 365マイグレーションサービス」の提供を開始した。オンプレミスからSaaSに移行することによる影響度の分析、移行作業の支援、社内システムを合わせたシングルサインオン(SSO)環境の設計支援など、Office 365導入における各種の課題を解決する。

 日本HPは今回、オンプレミス環境のExchange Server(メールサーバー)やSharePoint Server(文書管理サーバー)からSaaS環境のOffice 365への移行を支援するSIサービスを新規にメニュー化して提供する。初期のアセスメントからWANアクセスの高速化支援まで、全部で6個のサービスで構成する()。コンサルティングを中心にシステム構築まで請け負う。価格(税別)は、社内のActive DirectoryとOffice 365を連携させる「ADFSパッケージコンサルティング」が300万円から、など。

表●Office 365マイグレーションサービスのメニュー
サービス名概要
Office 365インパクトアセスメントサービス移行による影響を多角的な視点で評価し、方針の策定、プロジェクト化、検証、要件定義などを支援する
Office 365マイグレーションオンプレミス環境のExchange ServerとSharePoint ServerをOffce 365に移行する際の設計と移行作業を支援する
ADFSパッケージコンサルティング社内のActive DirectoryとOffice 365をADフェデレーションサービス(ADFS)で連携させて、社内システムとOfiice 365をまたいだSSOを実現する
Office 365とHP IceWall連携環境支援サービスOffice 365とHP IceWall SSOを連携させるシナリオでシステムを提案し、設計を支援する
Office 365利用に伴うID管理、運用、認証連携環境設計支援サービスID管理の専門家がユーザー企業の現在のID管理についてヒアリングを実施し、Office 365への切り替えにともなって必要になる運用や認証連携について支援する
Office 365トラフィック最適化サービスWAN高速化サービスを使ってOffice 365を高速に使えるように支援する。米アカマイ・テクノロジーズのネットワーク上に配置したWAN高速化装置「Steelhead Cloud Accelerator」(米リバーベッドテクノロジー製)を利用する

 社内システムとOffice 365のID認証を連携させる使い方もできる。この際に、Windows標準のSSO機能のほか、日本HPのSSOソフト「HP IceWall SSO」を利用できることを同社ではアピールしている。HP IceWall SSOは日本マイクロソフトの認定を受けているため、HP IceWall SSOとの認証連携について日本マイクロソフトからサポートを受けられるとしている。