PR

 中京テレビ放送は2015年3月17日、3月21日、22日に開催される「中京テレビ番組祭り チュウキョチュウ~くんタン」において、データ放送を使い、スマートフォンを使用した新しい形態の画像スタンプラリーを行うと発表した。

 Vobile Japanの映像認識技術「msync」を利用し、画像をトリガーにしたスタンプラリーを行う。3月21日の午後1時半から放送する「栄に人気番組が集合 中京テレビ大感謝祭 2015春」および22日午前9時55分から放送する「前略、大徳さん」の番組内において、「お宝」チャンスが出たタイミングで、テレビリモコンのdボタンを押す。「お宝」が表示されると特設サイトから起動したカメラで撮影し、画像が合っていれば同じお宝がスマホ上に貯まる。

 スマートフォンを使う視聴者参加企画は、通常は専用アプリをダウンロードする必要があり、視聴者にとって参加のハードルとなっていた。今回は、専用アプリのダウンロード不要で、スマートフォンに標準搭載されているHTML5ブラウザからイベントの特設サイトへアクセスするだけで参加できる。

 番組中に「お宝チャンス」の画像を表示するタイミングは、イベントメッセージ機能(放送局から受信機に対してトリガー信号を送信し、テレビ画面への強制表示などの制御が可能な機能)を使用して制御する。イベントメッセージは、同メッセージのリアルタイム送出機能を持つメディアキャストの「SparkMUX」を使用する。

 両日に実施するイベント会場においても、会場内に隠された「お宝」画像を、同様に特設サイトから起動したカメラで撮影することで、スマホ上に同じ「お宝」が貯まる。データ放送あるいはイベント会場で貯まった「お宝」は、プレゼント応募、イベント会場で景品と引き換えなどができる。

[発表資料(PDFファイル)へ]