PR
写真●NTTデータの奥田良治ビッグデータビジネス推進室コンサルティング担当課長(写真:井上 裕康)
写真●NTTデータの奥田良治ビッグデータビジネス推進室コンサルティング担当課長(写真:井上 裕康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ユーザー企業で初めから(ビッグデータ活用を担う)あらゆる人材をそろえることは難しい。まずはビジネス・アナリストが司令塔になるので、ここを内製することを志向した方がいい」。2015年3月17日、NTTデータの奥田良治ビッグデータビジネス推進室コンサルティング担当課長は日経情報ストラテジーが主催する「データサイエンティスト・ジャパン2015」で講演し、こう話した。

 奥田課長はビッグデータ活用にまつわる課題として、「不明確なビジネス目的」「投資対効果への不信感」「経営層の理解」「知識・ノウハウ・人材の不足」「組織の壁、個別システムの壁」の5つを挙げた(写真)。

 例えば、人材不足や組織体制の整備については、「ビジネス・アナリスト」「データ・アナリスト」「データ・マネージャ」という3種類の人材をそろえるべきだと指摘。奥田課長は「3人材が連携して問題解決を図っていくことがリーズナブルなやり方だ」と語った。

 司令塔役を担うビジネス・アナリストについては、「問題解決プロセスを設計する力」が欠かせないという。そのために、業務を理解することはもちろん、自らで簡単なデータを加工・分析したり、プロセスや結果を事前にある程度イメージしたりする能力が必要だと強調した。

 奥田課長は最後に、あくまで私見と断ったうえで、「たとえ社内であっても、社外のお客様に対するコンサル営業と思って対応すべき」と述べ、講演を締めくくった。