PR

 ベネッセコーポレーションは2015年3月17日、コールセンター業務の委託先の元契約社員が顧客情報23人分を不正に取得し、外部に持ち出していた可能性があると発表した。持ち出していた期間は2014年3月頃から8月頃にかけてで、既に全情報を回収したとしている。

 顧客情報は、ベネッセの業務委託先であるトランスコスモスのコールセンター施設内から持ち出された疑いがある。トランスコスモスも2015年3月17日、持ち出しの可能性を認める文書を出した。

 トランスコスモスの説明によれば、顧客情報の持ち出しは、元契約社員(1月28日付けで懲戒解雇)が別件で警察に逮捕され、その捜査を進める中で判明した。警察からトランスコスモスへ「元契約社員のスマートフォンから顧客情報と思われる記録が見つかった」という連絡があったという。

 トランスコスモスが元契約社員の情報閲覧履歴を調査したところ、持ち出されたベネッセの顧客情報を業務中に閲覧していたことが判明したという。23人分の名字・電話番号などの項目を紙に書き写して持ち出し、自身のスマートフォンに登録していたとみられる。このスマートフォンと紙は警察が押収している。現時点では情報の拡散は確認されていないという。

 ベネッセは「委託先の監査・監督体制の更なる強化を速やかに行っている」としている。トランスコスモスは「監視カメラの増強やペーパーレス化をさらに進める」としている。

ベネッセコーポレーションの発表資料
トランスコスモスの発表資料