PR

 米Appleが、テレビ番組などの映像コンテンツをストリーミング配信する定額制のサービスを計画していると複数の海外メディア(米Wall Street Journal米New York Times米CNETなど)が現地時間2015年3月17日に報じた。

 これに伴いAppleは、米Walt Disney、米CBS、米21st Century Foxなどと協議している。これらメディア企業との交渉がまとまれば、Appleのサービスは、「ABC」「CBS」「Fox」などの主要チャンネルを含む合計約25チャンネルを含むものになる。New York Timesによると、米DISH Networkが今年2月に開始した「Sling TV」と同じような、従来のケーブルテレビサービスよりもチャンネル数が少なく価格を抑えたサービスだという(関連記事:DISH、月額20ドルのテレビ配信サービス「Sling TV」を提供へ)。

 Wall Street Journalは事情に詳しい関係者の話として、Appleは9月にサービスを開始する計画だと伝えている。映像の配信先は「iPhone」「iPad」「Apple TV」などのiOS搭載端末。同紙によると、サービス料金は月額30~40ドル程度とみられている。

 ただし、Appleは現在のところ米NBCUniversalと協議しておらず、同社のコンテンツなしでは新サービスの立ち上げは難しくなるとみる業界関係者がいるという。これはNBCUniversalの親会社である米ComcastとAppleの関係に不和が生じているためとみられている。Wall Street Journalによると、AppleとComcastは昨年までストリーミングテレビサービスに関して協議を続けていた。だがAppleは最終的に、自社のセットトップボックスに注力しているComcastとの交渉をまとめるのは困難と判断したという。