PR

 デジタルライフ推進協会(DLPA)は2015年3月18日、これまでの活動報告と今後のリモート視聴についての説明を行うイベントである「リモートアクセスDay2015」を開催した。

 DLPAのこれまでの活動報告と今後の方針の説明は、DLPA 代表理事の細野昭雄氏(アイ・オ-・デ-タ機器 代表取締役社長)が行った。DLPAは2013年1月に、NAS(Network Attached Storage)に録り貯めた録画番組を外出先から視聴するための要件である「リモートアクセスガイドライン1.0」を策定している。細野氏は同ガイドラインについて、「当時はグレーっぽく見られがちだったが、こういうやり方ということで取りまとめた。2014年以降の流れにほぼ沿っているのかなと思っている」と述べた。

 2014年2月には、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)の次世代スマートテレビ関連委員会が、デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件(Ver1.0)を発表するという動きがあった。DLPAは、NexTV-Fが策定した視聴要件に準拠する形で、2014年8月に「リモートアクセスガイドライン2.0」を策定した。NASだけでなく、レコーダーやテレビに録画した番組や放送中の番組(リアルタイム視聴)を外出先から視聴するための要件を盛り込んだ。

 DLPAは今後の方針として、異なるメーカーの機器の相互接続によるリモート視聴を容易に行うことができる環境の整備を挙げた。「各社各様にやればいいという考え方もあるかもしれないが、DLPAはユーザーの利便性という視点を重視している。相互接続できる環境を整備して、その中で各社がビジネスを展開すればいいのではないか」という考え方を示した。

 DLPAは、自らが策定したガイドラインに適合・認定試験に合格したことを示す「DLPA認証ロゴ」を作成した。同ロゴ取得製品同士であれば、相互接続が可能という。DLPAはDLPA認証ロゴを有する製品を増やすなどして、リモート視聴機能に対応するコンテンツサーバー(レコーダーやNASなど)やモバイル端末(スマートフォンやタブレットなど)の互換性を確保し、ユーザーがリモート視聴をしやすい環境の構築を目指す。

 このほかに、放送コンテンツ以外のリモート配信に関する規定の策定にも取り組む。「リモートアクセスできるのは放送コンテンツだけではない。ユーザーが保有する写真や音楽といったコンテンツにもアクセス可能」という考えから、リモート配信におけるパーソナルデータの取り扱い規定についての検討を進める。

 リモート視聴のために必要なネットワーク機器の登録の簡易化に向けた作業も行う。NexTV-Fのデジタル放送受信機におけるリモート視聴要件に準拠した機器でリモート視聴を行う場合、3カ月に一度、親機と子機のペアリングをする必要がある。「ペアリングなどもできるだけシンプルに行えるようにしたほうが良い」として、NFCを用いたデバイスの簡易接続方法などに関する規定の整備に取り組む考えを示した。

 さらに細野氏は今回の「リモートアクセスDay2015」開催について、「スマート視聴の促進宣言に当たる」と述べた。DLPAは2013年6月に開催した「リモートアクセスDay」で、「スマート視聴元年」を宣言していた。

 今回のイベントでは、来賓として招かれたシャープと東芝も登壇した。シャープは、リモート視聴機能を搭載した自社製品であるBDレコーダーについての説明を行った。東芝は、自社グループのリモート視聴への取り組みについて述べた。タレントの水道橋博士氏を迎えてのデジタルライフに関してのパネルトークも行われた。