PR
写真●Bluetooth対応ポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」
写真●Bluetooth対応ポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」
[画像のクリックで拡大表示]

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは2015年3月18日、スマートフォンやタブレットなどの音楽を再生できるBluetooth対応ポータブルワイヤレススピーカー「SAS200」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は2万5000円前後(税別)。

 40mmスピーカー2個と80×40mmのパッシブラジエーター2個を備えたバッテリー内蔵型ポータブルスピーカーで、約8.5時間の連続再生が可能。スピーカーを動的にコントロールするスマートアンプや振動板「ODMD(Onkyo Double-Molding Diaphragm)」、低音再生のデュアルパッシブラジエーターとコンプレッションリフレクターなど、独自の高音質技術「Smart Audio Technology」を新開発したという。

 CSRの高音質Bluetooth伝送技術「aptX」に対応。スマートフォンから電源を入れられるスマートスタンバイ機能、同機種を2台用意してステレオ再生が可能な「TWS(トゥルーワイヤレスステレオ)機能」を搭載する。有線での接続も可能。本体色は「シルバー」と「ブラック」。本体寸法は幅80×高さ53.5×奥行き59mm、重さは約740g。