PR
写真●米レッドハット プラットフォームマーケティング担当シニアディレクターのマーク・コギン氏
写真●米レッドハット プラットフォームマーケティング担当シニアディレクターのマーク・コギン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 レッドハットは2015年3月19日、東京都内で記者会見を開き、コンテナ管理ソフト「Docker」の運用に特化したLinux OSである「Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 7 Atomic Host」の出荷を開始したと発表した。Atomic HostはコンテナのホストOSにとって不要な機能を削除した軽量OSで、ホストOSのアップデートの手間を省く仕組みなどを取り入れている。

 Atomic Hostの出荷開始は、米レッドハットが2015年3月5日(米国時間)に発表した。来日した米本社プラットフォームマーケティング担当シニアディレクターのマーク・コギン氏(写真)は、「RHEL 7に含まれるソフトウエアパッケージが6000種類であるのに対して、Atomic Hostが含むパッケージは300種類に過ぎない。この数字から、どれだけAtomic Hostが軽量であるか分かるだろう」と説明する。

 Atomic Hostでは、OSをアップデートした際に、その内容をディスクに上書き保存するのではなく、追記する形で保存する。追記型のデータ保存方式であるため、アップデートしたOSを元の状態に戻すことが容易だ。追記型のデータ保存方式はDockerも採用している。コンテナ側とホストOS側で、同じ方式を利用できるようにした。

 レッドハットのコギン氏は、「レッドハットは単にコンテナ環境を提供するだけでなく、ユーザー企業が安心してコンテナを利用できるエコシステムを構築していく」と語る。具体的には今後、同社が認定したコンテナイメージをダウンロードできるサービスを提供する予定だ。

 「ドッカーが提供するコンテナ・イメージ・リポジトリーである『DockerHub』には、セキュリティ的に信頼できないコンテナイメージが登録されていることもある。安心して利用できるコンテナをレッドハットが認定する取り組みを始めたい」(コギン氏)。