PR
写真●「iPhone 6」発売日にソフトバンクショップで“接客”するロボット「Pepper」
写真●「iPhone 6」発売日にソフトバンクショップで“接客”するロボット「Pepper」
[画像のクリックで拡大表示]

 みずほ銀行は2015年3月19日、ソフトバンクロボティクスと仏アルデバランロボティクスが共同開発するパーソナルロボット「Pepper」(写真関連記事)を導入すると発表した。7月から一部店舗で接客用途での試行を開始。その後順次導入店舗を拡大する。

 みずほ銀行はPepper用のSDK(ソフトウエア開発キット、関連記事:熱を帯びる「ロボットアプリ」開発、ソフトバンクがPepperのSDK配布)を利用。「みずほ銀行専用アプリ」を開発・インストールしたPepperを店舗に配備する。

 Pepperを通じて金融関連情報を案内したり、待ち時間に楽しめるエンタテインメントを提供したりすることを検討している。来店客とPepperがコミュニケーションした内容を過去の取引履歴と連動させて、新たな形の「ワン・トゥ・ワンマーケティング」を展開することも視野に入れる。

 みずほ銀行は「銀行として全国展開を視野に入れてPepperを導入するのは世界初の試み」だと説明している。Pepper以外では、三菱東京UFJ銀行はPepperと同じく仏アルデバランロボティクスが開発した小型ロボット「NAO」を2015年春に試験導入する予定である(関連記事:人型ロボにWatson、三菱東京UFJ銀行が先端技術の実用化にアクセル)。今後、銀行各社の店舗ではロボットが接客を競うことになる。