PR
写真●「Samsung Galaxy S6 edge」
写真●「Samsung Galaxy S6 edge」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2015年3月23日、韓国Samsung Electronicsをはじめとするデバイスベンダーとの提携を拡大し、MicrosoftのサービスやアプリケーションをAndroid搭載デバイスにプリインストールすると発表した。

 Samsungは3月に発表した新しいフラッグシップ機「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」(関連記事)にMicrosoftの「OneNote」「OneDrive」「Skype」をプリインストールすることをすでに明らかにしているが、さらに、2015年前半に一部のAndroidタブレット端末に「Word」「Excel」「PowerPoint」とOneNote、OneDrive、Skypeをプリインストールする。

 また、Samsungの法人販売チャネルを通じてデバイスを調達する企業には、「Office 365」の3バージョン(Business/Business Premium/Enterprise)へのアクセスとSamsungのセキュリティサービス「Samsung KNOX」を組み合わせたビジネスパックを提供する。

 Samsungのほか、米Dell、ドイツTrekStor、ポルトガルJP Sa Couto、イタリアDatamatic、ロシアDEXP、カナダHipstreet、パキスタンQMobile、アフリカを中心に展開するブランド「TECNO」、トルコCasper、台湾Pegatron(和碩)も、年内にリリースするAndroid搭載デバイスにWord、Excel、PowerPoint、OneNote、OneDrive、Skypeをプリインストールする。

 MicrosoftはOfficeなどの主要製品やサービスをWindows以外のプラットフォームにも広げることに取り組んでおり(関連記事)、事業開発部門担当執行バイスプレジデントのPeggy Johnson氏によれば、極めて良好なフィードバックを受け取っているという。「今度はデバイスパートナーに焦点を当て、デバイスへのプリインストールにより、優れたアプリケーションおよびサービスへの手軽なモバイルアクセスを提供したい」と同氏は述べている。

[発表資料(1)]

[発表資料(2)]