PR
写真1●Akerunは、ドアの内側から開錠・施錠するつまみ部分「サムターン」を覆うように取り付ける。写真のドアノブの上に取り付けられているのがAkerun
写真1●Akerunは、ドアの内側から開錠・施錠するつまみ部分「サムターン」を覆うように取り付ける。写真のドアノブの上に取り付けられているのがAkerun
[画像のクリックで拡大表示]

 IoT(Internet of Things)製品を開発するベンチャー企業フォトシンスは2015年3月23日、スマートフォンの専用アプリを使って鍵を開錠・施錠できる機器「Akerun(アケルン)」を発売した。ドアの内側に取り付けて、スマホの専用アプリと通信することで、鍵を使わずに開錠・施錠できる。Akerunを使ったサービスを、NTTドコモ・ベンチャーズや不動産情報サイト「HOME'S」を運営するネクストなどが検討しており、ホテルチェーンや不動産仲介会社などを中心に販売する。

 Akerunは、ドアの内側から開錠・施錠するつまみ部分「サムターン」を覆うように取り付ける(写真1)。スマホの専用アプリで開錠の指示を出すと、扉越しにBluetooth Low Energyで通信して、鍵を開錠・施錠できる。Akerunは、鍵の開閉状態を検知するセンサーを搭載しており、一定時間以上開いていれば施錠するオートロック機能も搭載する。

 専用アプリの利用者は、アプリ上で合鍵を発行し、LINEやメールを利用して家族や友人の持つスマホに送信することで、家族や友人といった別の利用者のアプリに鍵の権限を持たせられる。鍵の権限は、日付や時間帯などで有効期間を設定可能。利用者は入退室の履歴もチェックできる。

 Akerunの電池寿命は約2年で、電池残量はアプリで確認できる。アプリは、iOS 7.0以上、Android 4.4以上のOSを搭載するスマホに対応する。4月23日から出荷開始を予定する。価格は3万6000円(税別)。